自宅で脱毛をするのは

まずクリニックなどで脱毛をする際にも多少の痛みは生じます。そのため、事前に麻酔などをしてからレーザーなどを当て痛みを軽減していますが、料金などもそれに伴いかかってしまいます。しかし、自分で脱毛をすれば費用などを抑える事が可能です。ピンセットなどを使用し、抜くのは肌の出血と炎症などが原因となり肌を痛めてしまうので避け、脱毛器などを使用しましょう。脱毛をする際に痛みを完全に取り去る事は出来ないので、ある程度の痛みは覚悟しておく必要があります。しかし、使用する脱毛器によっては強弱などの調整が段階的にできるものもあるので、肌が弱いと思う方は弱めに設定しましょう。

痛みを和らげるポイント

脱毛器には抜くタイプのものもあり、脱毛する方法によってそれぞれ痛みを和らげる方法は異なります。まず、フラッシュやレーザータイプの脱毛器の場合には、むだ毛の処理を行う部位を予め冷やしましょう。十分に冷やしてから照射を行い、またある程度した後に冷やすを繰り返しながら脱毛を進めます。特に毛が太い部位を脱毛する際には、痛みもそれに伴い生じるので、十分に冷やしてから処理をする事で痛みを最低限に抑える事ができます。次に抜くタイプの脱毛器を使用する場合には、脱毛をする部位を温めましょう。温める事で毛穴が開き痛みを軽減できます。抜くタイプの脱毛器を使用する場合冷やしてしまうと、毛穴が締り痛みが強くなるケースもあるため、お風呂などでしっかりと温めてから脱毛をしましょう。

髪を縛った時にえりあしのムダ毛が気になる人には、えりあしの脱毛がおすすめです。これで気兼ねなく様々なヘアスタイルに挑戦することができます。