生きているだけでストレスはたまる

人間関係が上手くいかなかったり、仕事の疲れだったり、誰かに邪魔されて自分のやりたいことができなかったりなど、普通に生きているだけでストレスというのはたまっていきます。ストレスが発散できないと、体調が悪くなったり、うつ病や神経病など、身体にも様々な悪い変化を及ぼします。ストレスはとても厄介なもので、髪の毛や頭皮環境にまで影響を与えるようです。ストレスがたまると、髪の毛はどうなってしまうのでしょうか。

ストレスは血の流れを悪くする

強いストレスがかかると、自律神経に乱れが生じてしまいます。自律神経は24時間休むことなくコントロールしており、自律神経が乱れると血管が収縮し、血がドロドロになってしまうのです。髪の毛を作ったり、育てたりするには栄養が必要です。血の流れが悪くなると摂取した栄養分が頭皮に充分な栄養が行き渡らなくなり、抜け毛が増えてしまいます。また、人間は筋肉を動かすことで血液を体の隅々まで運んでいるので、運動不足による血流不良も抜け毛や薄毛の原因になってしまいます。

ホルモンのバランスが乱れる

全身のホルモン中枢をつかさどる脳下垂体は心の影響を受けやすく、ストレスを感じるとホルモンの分泌量が乱れてしまいます。ホルモンのバランスが乱れると頭皮に悪影響を及ぼし、抜け毛や薄毛につながってしまうのです。男性型脱毛症と呼ばれるAGAもホルモンのバランスが変化することにより生じてしまうので、気をつけなければなりません。ホルモンのバランスを乱れさせないためにはストレスをため込まないということが大切になります。

育毛に大切なこと、それはシャンプー剤の選び方にあります。シャンプーはノンシリコンのものを選ぶようにしましょう。スカルプケアシャンプーも毛穴の汚れをきちんと落としてくれるのでおすすめです。