インプラントを入れる方法

女性の中には、胸の大きさをコンプレックスに抱えている人は少なくありません。男性の中には、胸の大きな女性を好む人がいるためです。男性を意識すると、胸の小さい女性は魅力がないと自分自身で思い込んでしまう女性もいるわけです。結果的に、自信をなくして生きている人もいるでしょう。その時には、思い切って豊胸手術をしてみると良いでしょう。豊胸手術にもいくつか種類がありますが、ワンカップ以上大きくする場合にはインプラントと呼ばれるものを中に入れることが重要です。シリコン系の素材を使っているインプラントは、人工的に作られたものですが、非常に柔らかく胸を大きくすることが可能になります。半永久的に大きさを持続することができるため、自分のコンプレックスを一生なくしていくことができるでしょう。

ヒアルロン酸を注入する場合

豊胸手術の中には、ヒアルロン酸を注入することもできます。ヒアルロン酸を注入した時のメリットは、なんといっても自然な柔らかさになることです。もちろんインプラントを入れた場合でも自然な柔らかさにすることは可能ですが、より自然な柔らかさになるため、さわった場合でも全く違和感がありません。ヒアルロン酸を注入する場合には、良質なヒアルロン酸を利用しているところを選ぶ必要があるでしょう。質の高いところは多少値段が高くなるかもしれませんが、注入した後の満足度はけた違いと言えます。しかも、メスを入れる必要がないため傷跡などもなくダウンタイムも短いのが特徴です。ただ、ワンカップ程度しか大きくならないため、極端に大きくする場合はこの方法は向いていません。

豊胸手術は保険適用外となりますが100万円以内で済ます事もできるため、ある程度お金をかけてでも自分の体に自信をもって明るく生活をしたい人には向いています。