根管治療ってどんな治療方法?

ずきずきと歯が痛むのがわかっていても、何となく苦手意識が働いて歯医者さんに行けない、という方も少なくないのではと思います。はじめは少し痛む程度でも放っておくと症状が進行して深い虫歯になってしまったという話もよく耳にします。もう手遅れで抜歯するしかないのかも…と不安に思う方もまずは勇気を出して歯医者さんに診てもらいましょう。ひどい虫歯の場合でも可能な範囲で歯を残す治療方法として根管治療があります。

根管治療は「こんかんちりょう」と読みます。どんな処理なのか簡単に説明すると、歯の神経が入っている管から虫歯や事故などの外傷によって悪くなってしまった神経を取り除いて、中をきっちりと消毒して今後生活していく上で症状が悪くならない様に内部に薬を入れて蓋をする処置のことです。一度抜いてしまった永久歯は元には戻りません。歯の神経もとても大切なものですが、何より歯を残すための治療方法が根管治療なのです。

治療費はどのくらいかかる?

治療を保険内で行う場合と保険外で行う場合で費用は大きく変化するようです。保険内では限られた設備や材料が保険外でより選択肢が増えるメリットがあります。症状の進行程度も個人差があるため、まずは歯医者さんに相談してみるのがいいと思います。

根管治療した歯との付き合い方は?

歯の神経は虫歯の存在を痛みという形で私たちに伝えてくれたり、健康な歯のために栄養を送ったりと、とても大切なものです。つまり根管治療をした歯は健康な歯とくらべて弱くなったり色が変わったりとデメリットが生じてきます。一度治療したから安心するのではなく、定期的に歯医者さんに通って健康な歯とあわせて予防歯科をして自分の歯を大事にしていきたいですね。

根管治療とは、進行した虫歯に対して根管にある神経や血管を取り除き薬剤を詰める治療法です。虫歯が進行すると神経や血管も菌に侵されるため、きれいに取る必要があります。